人物
PR

古川琴音が演技上手いのに下手と言われる理由3選|ゴリ押しがすごいの声も

古川琴音が演技上手いのに下手と言われる理由3選|ゴリ押しがすごいの声も
アキ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

女優の古川琴音(ふるかわことね)さん。

様々なドラマで見かけるようになった古川琴音さんですが、演技が上手いと言われる一方で下手という声もありました。

また、毎期のドラマで見かけるせいか「最近ゴリ押しがすごい」との声もありました。

今回は、古川琴音さんの演技が上手いのに下手と言われている3つの理由や、ゴリ押しされているという声についても調査していきます。

古川琴音の演技が上手いと話題

古川琴音のプロフィール
  • 本名:古川琴音(ふるかわことね)
  • 生年月日:1996年10月25日
  • 年齢:27歳(2024年6月現在)
  • 出身:神奈川県
  • 活動期間:2018年デビュー
  • 特技:ダンス(バレエ、ヒップホップ他)

女優の満島ひかりさんに憧れて、同じ事務所のオーディションを受けて合格した古川琴音さん。

朝ドラにも大河ドラマにも出演経験があり、演技がすごいと話題です。

  • 個性的な役が似合う
  • 存在感がすごい

などと評価されていました。

なぜ「演技が下手」という声があるのでしょうか?

古川琴音の演技上手いのに下手と言われる3つの理由

古川琴音さんの演技が下手と言われる主な3つの理由は以下のとおりです。

3つの理由
  1. 似合う役が限られているから
  2. 棒読みがひどいから
  3. 滑舌が悪いから

理由①似合う役が限られているから

古川琴音さんの演技が下手と言われる1つ目の理由は、似合う役が限られているからです。

個性的な顔立ちゆえに、似合う役が限られている印象です。

役者としての強みとも言えますね!

Netflixの実写ドラマ『幽☆遊☆白書』では、霊界案内人の「ぼたん」役を演じましたが、原作とイメージが違いすぎると批判の声も。

平田裕香さんの演じた舞台版「ぼたん」が原作通りのイメージだっただけに比べられてしまいました。

理由②棒読みがひどいから

古川琴音さんの演技が下手と言われる2つ目の理由は、棒読みがひどいからです。

  • 「セリフに感情がのっていない」
  • 「なまっているように聞こえる」

などのコメントもありました。

理由③滑舌が悪いから

古川琴音さんの演技が下手と言われる3つ目の理由は、滑舌が悪いからです。

「しゃべり方が気になって作品の世界観に入りにくい」とのコメントも。

聞き取りづらくて作品に集中できないのはつらいですね。

古川琴音のゴリ押しがすごいとの声も

ドラマでは2020年の朝ドラ『エール』から注目を集めた古川琴音さん。

その後もNHKのドラマに何度も起用されていて、特に大河ドラマ『どうする家康』に出演しながら他局のドラマにも出ていたので、「最近ずっと見かけるな」という印象があります。

「なんであんなにNHKで使われてるの?」の声もありますね。

NHKのドラマ出演歴はこちら。

  • 2019年:『サギデカ』
  • 2020年:連続テレビ小説『エール』
  • 2021年:『流行感冒』
  • 2022年:特集ドラマ『アイドル』(主演)
  • 2022年:『岸辺露伴は動かない』
  • 2023年:大河ドラマ『どうする家康』
  • 2023年:『犬神家の一族』

確かに、かなりの頻度でNHKのドラマに起用されています。

事務所の力だけでなく、演技を認められているのではないでしょうか

古川琴音が演技上手いのに下手と言われる理由3選とゴリ押しがすごいの声について|まとめ

今回は、古川琴音さんの演技が上手いのに下手と言われている3つの理由や、ゴリ押しされているという声についてまとめました。

古川琴音さんの演技が下手と言われる主な3つの理由はこちら。

3つの理由
  1. 似合う役が限られているから
  2. 棒読みがひどいから
  3. 滑舌が悪いから

NHKのドラマに多く起用されていることや、ひっきりなしにドラマに出演されていることからゴリ押しではないかとの声もありました。

個性的な雰囲気でほかには出せない存在感を持っている古川琴音さん。

古川琴音さんの独特な演技・役柄が好きな人もたくさんいることが分かりました。

今後のどのような役を演じていくのか、楽しみです!

記事URLをコピーしました